歯医者

メンテンスを行う

長くインプラントを使用する方法

歯医者

一般的に病気の治療と言えば、悪くなった患部を除去する治療法を思い浮かべがちですが、近年では機能を取り戻すための様々な治療方法が発達しています。インプラントもその一つです。 虫歯治療と言えば、一昔前は削った後に銀歯で埋めて終わりでしたが、インプラントを使用すれば失われた歯の機能を取り戻す事が出来るだけでなく、見た目的にも天然の歯と変わらない人工歯を手に入れる事が可能になったのです。 近年ではインプラントを10年以上着用している例も珍しくありませんので、一度手術すれば長期に渡って使える歯を手に入れられます。 もちろん長きに渡って問題なく使用する上で大切なのが「メンテナンス」の問題です。病院によってはインプラント手術後のケアに力を注いでいる場所がありますので、出来るだけそうした歯科医院で手術を受けるようにしましょう。

近年進んでいる骨を削らない配慮

インプラント手術とは、骨を削る事により人工歯根を埋め込む手術です。 一方近年のインプラント手術は、出来るだけ骨を削らない方向にシフトしており、患者様の身体に負担を与えないような配慮が徹底されています。 特に一本の歯だけでなく広範囲に渡ってインプラント治療を受ける場合、かつては都度人工歯根を埋め込む必要がありましたが、近年では少ない人口歯根で複数の人工歯を作り出す事も可能になっているのです。 現在入れ歯を入れている「上の歯」や「下の歯」を全てインプラントに変えたい場合、こうした治療法を取り入れている歯科医院を探すようにしましょう。 最先端の治療法を取り入れている病院では院内の見学も受け付けている場所がありますので、手術に関する不安を払拭したい場合、まず足を運んでカウンセリングを受けるのも良いでしょう。

自然で美しい歯を

歯医者

歯が美しいと印象も良くなることから、近年はインプラントで美しい歯を造るということも増えてきました。見た目には天然の歯と同様で、自然な美しい歯を造ることができます。

Read More